忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017年11月20日06:40 】 |
謎の小話その26・八刃学園の怪談
八八「初代八刃の長の時代、この学園には、支配眼の魔王が居たのよ」
那岐「異邪がどうして?」
八八「支配眼の魔王は、どちらかと言うと元異邪。当時は、正式に移住してたみたい。移住に際しては、色々と制約を受けたみたいだけど、それを全て受け入れたらしいわ」
沙菜「それって童のご先祖様じゃん」
童「そうだけど、どうして怪談になるのよ!」
八八「この八刃学園では、校舎が壊れる事がよく起こるのって知ってる?」
沙菜「そりゃ、魔獣や異邪がよく来る上に、生徒同士の喧嘩でも校舎一棟が潰れるのだって珍しくないからな」
那岐「しかし、直ぐに直してるよな?」
八八「大規模なのは、お金をかけて直ぐになおしてるんだけど、小規模なのは、結構見逃される事があるんだ。問題は、その小規模な破壊なのよ」
童「それいじょう言わなくて言い!」
沙菜「何となく読めてきたぞ」
那岐「話が繋がらない気がするぞ?」
八八「それが繋がるの。支配眼の魔王って八刃学園で用務員の仕事をしてたんだから」
綾「支配眼の魔王だよね?」
八八「そう、支配眼の魔王。当時の八刃のメンバーの中でもまともにやりあって勝てる人間など、片手で数えられる程の実力者で、崩落大戦時にも多くの上級異邪を道連れにした凄い力を持っているよ」
那岐「そんなのがどうして用務員を?」
八八「それは、まともな履歴書が書けなくて、まともな職に就けなかったから。能力を悪用すれば幾らでもお金を稼げるけど、そんな事をせずに真面目に働いていたらしいよ。因みに本人は、意外と気にいっていたみたいだけど」
童「未来有る子供達の為に何か出来る事がうれしかったと伝わってるよ」
八八「話が戻るけど、小規模の破損が長く放置されると用務室から工具が勝手に動き出して、直し始めるの」
沙菜「何だそれ? 誰かの悪戯じゃないのか?」
八八「違うよ、現場を捉えて、調査したけど悪戯の可能性は、ゼロ。現在の八刃の力でも解除できない強力な力、支配眼の魔王の力が工具に宿っていて、勝手に修繕作業を始めて居たのよ」
那岐・綾「……」
童「だから止めてっていったのに! もう、恥ずかしい!」
那岐「崩落大戦って何百年前の話ですよね?」
八八「そうだね。それだけ支配眼の魔王の力が凄かったって事」
綾「何か凄く微妙な怪談ね?」
童「言わないで!」
PR
【2014年01月05日21:11 】 | 謎の小話 | コメント(0)
入院してました
なんというか、ここも更新する内容もない理由がネット環境の不備。
改善したくても9/14から9/22まで入院していてそれどころじゃなかったです。
入院費も嵩みネット復旧は、また一段と遠のきました。
【2013年09月29日01:36 】 | 未選択 | コメント(0)
謎の小話その34・ヤヤオの部屋(第二回)
ヤヤ「遂に小話コーナーから設定コーナーまで進出しました」
ヤオ「ただ単に設定の方に書くのにいいネタが無くなっただけですけどね」
ヤヤ「そういう裏話は、おいておいて本日のゲストは?」
恵「はーい、3Mの恵です!」
ヤヤ「続くかのリクエストを聞くのが止めたらコメントが無くなったアレね」
恵「そういう突っ込みは、無しの方向で」
ヤオ「えーと設定上では、実は、かなり強い分類に入りますね」
ヤヤ「一応は、あちきより実力は、あるんじゃないのかな?」
恵「流石に白牙に侵食された人と戦いたくないですよ」
ヤオ「まあ、二人とも戦闘タイプが違うから、どっちが勝つかは、ケースバイケースかな?」
ヤヤ「そんな話は、おいておいて、裏話をお願いします」
恵「実は、私も本当は、シリーズとしてあがる予定がありました」
ヤオ「他のシリーズが多すぎてお流れになったんだよね」
ヤヤ「それなのに十話以上続いちゃって。本当に解らないよね」
恵「そうですよね。だいたい、この時期に新シリーズが二本だなんて、ふざけていますよね」
ヤヤ「金銭的な理由で月初めには、電話が止められてネットに繋がらない癖にね」
ヤオ「そうなんだよね。次の収入が来るまでネットが繋がらない悲しい時期がありますよね」
恵「ここの作者って本気で大丈夫?」
ヤヤ「本人は、意外とタフだし、定期的にネットに小説のデータをアップしているから、家をおん出されても続きが書けるって言っているよ」
ヤオ「話を戻すけど、何気にエッチな経験豊富なんだよね」
恵「それは、二十一、それも向うって十五くらいには、嫁入りするのが普通だから経験無かったら逆に変だったんですよ」
ヤヤ「でも今は、肉体的には、処女だよね?」
恵「まーそうですけどね」
ヤオ「そっちの話もつっこみたいですが実は、設定の事情で出づらくなったけど戦士オオオがこっちの世界まで追っかけてくるってネタもあったんだよね」
恵「まー時間の流れが違うって設定からかなり難しくなったけど」
ヤヤ「それで実際のところ、どんな関係だったの?」
恵「単なるパーティー。第一、パーティー内でセックスとかは、厳禁。あちきの経験相手は、主に魔法絡みの知り合い」
ヤオ「えーと魔族に囚われてエッチな事されたって設定もあるんですけど」
恵「その設定、アダルト小説書いている時に思いついた奴で、使われない可能性が高いですから忘れてください」
ヤオ「クールな恵も家族には、弱いですよね」
恵「そんなこと言っても鈴神楽作品の強キャラってノーマルな家族には、基本的弱いじゃないですか」
ヤヤ「うちの父親も能力無しの希代子さんに頭が上がらないしなー」
ヤオ「天上天下唯我独尊キャラってそうそう作れないって事だね」
恵「作っても弱みも無いキャラって面白くないでしょう」
ヤヤ「その為に男運が無いのも仕方ないと?」
恵「作者! あちきの男運返せ!」
ヤオ「ゲストがぷっつんしてしまったので今回は、ここまで」
ヤヤ「次回は、何の予告も無しに始まった新シリーズ悪食のヒロイン、クラインですのでお楽しみに」
ヤオ「ここを早く書いてくれってリクエストがあると早く次ぎ来るかもよ!」
ヤヤ「そういう姑息な手を使わない。ここは、あくまでお礼なんだからね」
ヤオ「はーい。とにかく次回もお楽しみに!」
【2013年05月03日22:33 】 | 謎の小話 | コメント(0)
謎の小話その36・ヤヤオの部屋(第三回)
ヤヤ「お礼の10回目まで侵食を始めました」
ヤオ「本気でメタねたですね」
ヤヤ「本日のゲストは?」
クライム「新人の悪食のヒロインのクライム=パンドーラです」
ヤヤ「珍しい、控えめヒロインだ!」
ヤオ「ここの作者の作品のヒロインって基本的傍若無人だからね」
クライム「それで、あちきは、何を話すれば」
ヤヤ「ネタばれしろ!」
クライム「良いんですか?」
ヤオ「大丈夫だって、どうせ誰も見てないから」
クライム「そんな事を言って本当に大丈夫なんですか!」
ヤヤ「だって実際に見てる人間なんて皆無なんだから良いんだよ」
クライム「解りました。私は、大昔身内を護る為に八百刃獣の紅嘴鳥を騙しました。その所為で色々とトラブルが出た為、その罰として不老不死になり、世界を周る事になってしまいました」
ヤヤ「それにしても人間に騙されるなんて八百刃獣のクセに馬鹿だね」
ヤオ「そこは、突っ込まないであげて、色々と大変なんだから」
クライム「それにしてもここの八百刃様ってあちきがあった八百刃様と違いますね?」
ヤヤ「そっちは、八百刃でこっちは、ヤオ、ベースがほたのヤオだからね」
ヤオ「クライムの世界のあちきって真極神だからね。人間にもかんりきびしめなんだよ」
クライム「クエストは、旅の途中に出会い、紅嘴鳥に食べられた人の助手的な存在でした。命乞いをした結果、あちきと同じ不老不死となってあちきの為に漢玉を用意する役目につきました」
ヤヤ「普段は、好き勝手にやってるよね」
クライム「まあ、あまり強制は、したくないんで」
ヤオ「デザイアの方は、弟子って話だけどどんな感じで知り合ったの?」
クライム「孤児の彼女を拾って育てていたんですが、何処で教育を間違えたのか?」
ヤヤ「そういうこともあるよ。時間も来た事だし、最後に一言」
クライム「次の話を早く書いて下さい! その為にも皆さんのリクエストを本気でお待ちしています!」
ヤヤ「切実な言葉でした。次回のゲストは、まだ決まっていません」
ヤオ「皆さんのリクエストをお待ちしています」
【2013年04月10日23:14 】 | 謎の小話 | コメント(0)
謎の小話その37・まともに喋らせて
紅嘴鳥「えーと、私が誰か知らない人も多いと思います」
九尾鳥「一応は、私の配下の下位の八百刃獣だ」
紅嘴鳥「九尾鳥様がどうして?」
八百刃「あちきも居るよー!」
紅嘴鳥「八百刃様まで!」
九尾鳥「まあ出番が少ないからこんな所まで顔を出しているだけだ」
八百刃「そうそう。それじゃあ、話を戻して紅嘴鳥、どんだけ大ポカやらかしたかいってみんしゃい」
紅嘴鳥「言わないと駄目ですか?」
九尾鳥「そんな事しか喋る事が無いだろう」
紅嘴鳥「出生は、九尾鳥様の赤の尾羽の力をベースにされている、炎翼鳥様に対する火羽鳥様みたいな存在とかありますが」
八百刃「誰もそんな話は、聞きたくないから安心して」
九尾鳥「さっさと話せ!」
紅嘴鳥「私は、あの世界の新しい力、漢玉の暴走抑制の為に派遣されていました」
九尾鳥「漢玉は、普通のマジックアイテムとは、少し異なる為、人間に使用させる上での様々なテストを行っていて、あの世界では、その最終段階だった」
紅嘴鳥「そして、大きな暴走があり、私は、その原因の人間を滅ぼす予定でした」
八百刃「一応予定通りの流れだったのに、どうしてそれが失敗したのかな?」
紅嘴鳥「あの娘、クライムが私を謀り、自らの親族を護った為です」
九尾鳥「人間に謀られた挙句、その能力の行使に制限が出来てしまった」
八百刃「えーとここらへんで疑問に思っている人が居ると思うから説明するけど、紅嘴鳥自体の能力は、何も変わってないの。ただ、クライムが言葉巧みに紅嘴鳥に契約させたの。漢玉を使った悪人を罰するのを自分に任せるとね」
九尾鳥「なんでそんな契約をしたんだ?」
紅嘴鳥「クライムが、問題の存在が自分にとって決して他人に殺されて気が済む相手でなく、自分がどれほどその者に苦しませられているかを語ったから、その者を殺す役目だけなら代って欲しいと言われてつい、応じてしまったのです」
八百刃「でも彼女は、その相手、家族を殺さなかった。その所為で、紅嘴鳥は、その力を発動をクライムに依存する形になってしまった」
九尾鳥「その契約の束縛が強く、クライムは、呪われたと思える状況に陥った。あの娘がその束縛から逃れるには、漢玉を悪用する者達を一時的にでも一掃する必要があるのだ」
紅嘴鳥「それって事実上不可能ですよね?」
八百刃「人間を全滅させない限りね。一時期は、それすらしそうな程に病んでたよね」
九尾鳥「その時に拾ったのがデザイアと呼ばれる娘で、その当時のクライムは、悪人は、容赦なく喰らい、悪人候補まで自分の手で殺して解放を求めていたな」
紅嘴鳥「その所為でデザイアは、力が全て、自分の求める者の為に正直になってしまいました」
八百刃「結局の所、騙されやすい所まで九尾鳥に似ていたって事なんだよね」
九尾鳥「いきなり何を言うんですか!」
紅嘴鳥「九尾鳥様が騙されていた?」
八百刃「そうそう、九尾鳥は、元々は……」
九尾鳥「その話は、しない方向で! とにかく、今回の話は、ここまでです!」
強引に話を切る九尾鳥であった。
【2013年02月24日08:38 】 | 謎の小話 | コメント(0)
| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]