忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017年09月23日12:44 】 |
謎の小話その33・ヤヤオの部屋(第一回)
ヤヤ「はーい、全然質問が来ないので続かなかった『なぜなに鈴神楽』の代わりの新番組でーす」
ヤオ「簡単に言えば、徹子の部屋って感じですね。初回のゲストは?」
カターナ「はい、新シリーズ、『白牙』の主役のカターナです」
ヤヤ「おお、本当だったら昨年中に始まる予定が作者の都合でいまだその始まりの兆しも無い新シリーズか」
ヤオ「ここの作者の場合、そのまま闇に消えていく作品も多いんだよね」
ヤヤ「そうそう、悪食とか双子物とか、やたら設定を作りまくってたけど、途中で断念してたもんね」
カターナ「あちきのは、もう二百行以上書いていますから大丈夫です!」
ヤオ「甘い、ここの作者の現在のピンチは、かなりの物だからそんなのは、あてにならないよ」
ヤヤ「そうだね。所で、どんな話なの?」
カターナ「簡単に言うと魔法がある現代で、侍制度が残っていて、あちきは、戦争が減って没落中の武門の侍の当主です」
ヤオ「何でここの作者は、直ぐに主役を貧乏にするのかな?」
ヤヤ「本人が貧乏だからじゃない。あちきは、違うけど」
ヤオ「そうだったね、凄い金持ちだもんね。ここの作者は、中間って物を知らないよね」
カターナ「そんなことよりもっと突っ込んでください!」
ヤヤ「ごめんごめん。所で『白牙』って白牙様のこと?」
カターナ「えーとあちきの相方になる刀に変化する子猫の名前です」
ヤオ「ああ、あれね、一応、初回からあちきが存在だけは、語られているんだよね」
ヤヤ「それって実は、思いっきりヤバイんじゃないの?」
ヤオ「この時代は、一番偉いから問題ない」
カターナ「その白牙と一緒に敵対する奴らと動物が変化する武器と戦いあう話です」
ヤヤ「まあ、よくある特殊アイテム同士の戦闘の話な訳だ」
ヤオ「因みにこれってエンディングだけは、決まってるってパターンだから比較的早く終わるんじゃない?」
ヤヤ「ここの作者お得意のエンディング書きたいからシリーズ作ったってパターンか」
ヤオ「そうそう、本当にシリーズ化のセンス無いんだよね。読み切りの筈の作品が十話以上続いているかと思えば、シリーズ物が四話で終わるってパターンも多いしね」
カターナ「そういう不吉な事を言わないで下さいよ。頑張りますから皆さんもリクエストをお願いします」
ヤヤ「はい、今回のゲストは、もしかしたらこれでもう日の目を見ないかもしれないカターナでした」
ヤオ「次回のゲストは、話の途中にも出た、読み切りのはずなのに長期連載、3Mの恵ですのでお楽しみに」
カターナ「本気でリクエストをお願いします!」
PR
【2012年12月29日11:21 】 | 謎の小話 | コメント(0)
<<蟲の目最高! | ホーム |この世界で生きる続ける才能って……>>
コメント
コメントの投稿













前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]