忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017年09月23日12:42 】 |
その19・なぜなに鈴神楽(第六回)
ヤヤ「お久しぶりのなぜなに鈴神楽です!」
ヤオ「作者は、まだ定職ついてません!」
ヤヤ「また危険なネタを。それより今回は、神々の昔話で出てくる管理派と監視派の違いです」
ヤオ「さすがにそれって、ヤヤも知らないことでしょ?」
ヤヤ「そういうヤオは、知ってるの?」
ヤオ「当事者! 監視派の重鎮だったんだからね」
ヤヤ「それじゃ、説明を始めて」
ヤオ「何か、すごく扱いが雑な気が……」
ヤヤ「細かいことを気にしていると出番が減るよ」
ヤオ「とにかく、管理派と監視派の一番の違いは、干渉世界の対応の違い」
ヤヤ「具体的にお願い」
ヤオ「管理派の場合、神様の管理の下、神の意思に沿った進化を求められるの。逆に監視派は、大枠のルールが決められるけど、後は、自らの意思で進化していくの」
ヤヤ「明確に干渉するか、どうかって事だよね。基本的に八刃の世界なんかは、監視派の支配下だよね?」
ヤオ「そう。ちなみに元々は、管理派の方が強い勢力を誇っていたの。自分達の力になる様、世界に干渉出来たからね。監視派の干渉では、自滅する場合もあって勢力は、思うように伸びなかった。そこで考え出されたのがホープワールドで、一気に監視派のメンバーを増やしたの」
ヤヤ「それで生まれたのが六極神にも居る神々って事だね」
ヤオ「管理派も強く抵抗したけど、長い戦いの中、監視派の勝利って形になってるね」
ヤヤ「でも残存戦力が居る。それが、七極神時代のデビルトライアングルに繋がるわけだね」
ヤオ「紫縛鎖なんて、あちきに対する個人的な恨みだったけどね。真極神時代は、対抗勢力は、皆無といっても良いよ」
ヤヤ「かなり過激な方法とったってレポートがあるけど?」
ヤオ「色々とね。無色器と蒼貫槍あたりが、力を入れてたし、あちきもある程度の事は、目を瞑った」
ヤヤ「凄いね、巻き添えで全滅仕掛けた世界がかなりの数だよ」
ヤオ「復興出来るように力は、割いてるよ。管理派と監視派と分かれて争っていた時の歪みの修正には、かなりの痛みが伴うんだよ」
ヤヤ「ちなみにそんな偉い神様がなんでここに居られるの?」
白牙「居られる訳が無いだろうが!」
ヤオ「なぜこの超空間に?」
白牙「いきなり道が出来たんだ!」
ヤヤ「落ちのために呼んだか」
ヤオ「まだ、おやつのエッグタルト食べ終わってないんだよ!」
白牙「そんな暇があるか!」
ヤヤ「引っ張られていく。それじゃ、また次回! 本気で質問もお待ちしています!」
PR
【2012年03月31日20:57 】 | 謎の小話 | コメント(0)
<<その20・なぜなに鈴神楽(第七回) | ホーム |その18・親戚な二人>>
コメント
コメントの投稿













前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]